土木設計CAD Civil 3DとUnrealEngine4の連携 その5

今回は公式チュートリアルの最終回、「カメラを追加する」をUE4へ変換します。
https://knowledge.autodesk.com/ja/support/3ds-max/getting-started/caas/CloudHelp/cloudhelp/2016/JPN/3DSMax-Tutorial/files/GUID-E349B11E-5478-434F-BCB1-F5E73F642888-htm.html

このように、Civil3Dで設定した道路のパスにカメラ・パスアニメーションを設定できます。

Datasmithでエクスポートします。今回は「Camera」のチェックボックスをオンにします。

UE4へ変換は完了し、シーケンサーにカメラのトラックができます。しかし、再生すると変な画像しか表示されません。

確認すると、カメラの軸が正しく変換されません。毎フレームにキーがあるので、UE4側で修正するのは現実的ではありません。

3dsmaxへ戻り、カメラを選択して、「書き出し」→「選択を書き出し」でFBXで保存します。

UE4のシーケンサーへ戻り、カメラを右クリックから、「Import」を選びます。

3dsmaxから書き出した、FBXを選択します。

ダイアログにチェックは全てオフにし、「Import」します。

正しい方向でカメラアニメーションがインポートされました。

アニメーションの最初と最後で道路の末端が見えてしまいます。

「フェードトラック」を追加します。

フェードトラックはキーを1にすると暗転します。道路の橋が見える箇所に設定します。

走っている車のキーを全部選択し、ドラッグして移動すれば、タイミングを調整できます。多すぎるようでしたら、「詳細」からVisible(非表示)します。

CTRL+Lで画面をクリックすると、ライトの方向を変えるウィジェットがでます。リアルタイムでライティングを確認できるのはUE4のメリットです。

シーケンサーから動画レンダリングします。この設定では~.aviですが、PNGやEXRシーケンスでも可能です。

これで完成です。

土木設計CAD Civil 3DとUnrealEngine4の連携 その4

今回はCivil3Dの車のアニメーションの変換をUE4に行っていきます。

https://knowledge.autodesk.com/ja/support/3ds-max/getting-started/caas/CloudHelp/cloudhelp/2016/JPN/3DSMax-Tutorial/files/GUID-04559F00-458E-438E-9F71-D1343DA5D4CA-htm.html

このように自動で土木設計した際に作成した道路のパスカーブに沿って、車の往来を自動でアニメーションできるチュートリアルです。

上の図では車が追突してしまっていますが、これは自動で生成したアニメーションのミスで、パラメータで修正が可能です。

UrealDataSmithへ変換します。今回は「ActiveTimeSegment」に切り替えることで、アニメーションのエクスポートを行います。

UE4を起動し、Datasmithインポートの際に「Animation」をオンにします。

このように車をインポートできます。

車のボディのペイントです。Metarlicが何も無いので調整が必要かと思います。

ライト関連のテクスチャは自動で設定されます。透明度も自動変換されます。

CivilViewで設定した車の走行アニメーションはUE4のシーケンサーに自動変換されます。キーフレームはベイクされるので1フレームごとになります。

アニメーションパスも確認できます。シーケンサーで1フレームごとのキーフレームを修正は困難ですが、タイミングを変更することは可能です。

土木設計CAD Civil 3DとUnrealEngine4の連携 その3

今回はCivil3DのチュートリアルをUE4へ変換していきます。

今回は道路作成と標識まで進んだシーンを使ってみます。

https://knowledge.autodesk.com/ja/support/3ds-max/getting-started/caas/CloudHelp/cloudhelp/2016/JPN/3DSMax-Tutorial/files/GUID-C402ACDD-748C-49E5-95B5-DF2EE06E6FD6-htm.html

CivilViewの機能に道路標示、センターライン、道路形状の自動モデリングがあります。もちろんテクスチャーも自動で張り付けします。

UE4.24の新テンプレートの「建築・土木建設」を使います。
さらに「Archviz」を選択します。

これには「SunSky」という太陽光のシミュレーターが最初から設定されています。

選択して「詳細」から、緯度・経度・タイムゾーンと月日と時間を入れれば、正確な太陽光を作ってくれます。

Datasmithをインポートしてみます。

かなり良い感じにリアルタイムでレンダリングできます。

3/19の12時の東京に太陽を設定してみます。

今度は日没間際に設定してみました。

このようにリアルタイムに自由に時間と場所を変えてシミュレーションできます。