UnrealEngine4.20の新機能とUnrealStudio その4

引き続き、UnrealStudioと機械CADデータ活用について、いろいろやってみようと思います。
今回の素材はAutodesk Inventorのオフィシャルのサンプルデータを使ってみます。

この中の「EngineCase」を使ってみます。

いつも通りUnrealStudioのImportCADからデフォルト設定でImportします。


上の三面図だと高さ37.75とありますので、10cmのゲージからすると正しいようですが、約4cmのエンジンは模型にしても変です。

Autodesk Design Reviewというフリーソフトで元の2D-CADデータの単位を確認します。

どうやら1インチ=25.4mmの設定のようです。
では、UE4の単位は1cmなので2.54倍すれば良い、ということです。

通常のUE4のスタティックメッシュのインポートなら、スケール設定の項目があるのですが、UnrealStudioではありません・・・

普通にトランスフォームで2.51倍します。
図のようなサイズになります。

さらに毎度のことですが、Y=-90度回転します。

CADデータの単位と変換に関しては、情報をしっかり入手しないとリアルタイムシミュレーションでの正しい大きさにならないので注意が必要です。


コンテンツブラウザでは、このようにジオメトリ、マテリアルフォルダがあり、もう一つアイコンがあります。

ダブルクリックでインポートの際のパラメータが全て出てきて変更できますが、ここで変更して保存しても、ポリゴン数の変化はありません。
CADデータのパスが変わった場合はここで変更できます。

スタティックメッシュエディタからReImportをクリックします。
インポートの際のパラメータが全て出てくるので、変更し「Import」します。
この設定は先週のブログをご覧ください。

インポートのバーが出てしばらくすると・・・

約一万ポリゴン以上を減できました。見た目はそんなに減った感じはしません。

しかし、ライトマップビルドで変な陰影が出ます。ライトマップを確認すると・・・

当たり前ですが、3dsmaxなどを通してないCADデータですからUVの0は何もありません。1番もオーバーラップが酷く、2番は自動UV展開ですが、テクセルが小さすぎます。


ライトマップを再設定します。

だいぶ細かいですが、展開できました。2番は消えます。

Importしたデータの上のノードから「UpadateActorf rom Scene」をクリックして更新しておきます。

ライトビルドをしますが、まだまだ問題があります。
mayaへ一度かきだしてUV設定すれば済む話ですが、なんとかUnrealStudioだけで解決できないか、それは今後の課題です。


そこで、マテリアルを「DatasmithColor」が設定します。
これでライトビルドを再びみましょう。
なんと綺麗になってしまうのです。つまりUE4の基本操作であるライトマップとUVをなるべく意識しなくて済む仕組みになっています。
「DatasmithColor」とは一体なんなのでしょうか?これは次回以降で解説予定するです。

3D&バーチャル リアリティ展(IVR)2017レポート

先日東京ビックサイトで開催されていた、3D&バーチャル リアリティ展(IVR)2017へ言ってきましたので、そのレポートをお伝えします。
あくまでも個人的に気になったものを徒然なるままに挙げます。

1)アイトラッキング技術のTobiiがVive用の開発キットを正式にリリース!
http://vrinside.jp/news/tobi-eyetracking/

2)FaceRig Studio =Webカメラでフェイシャルアニメを作成してFBX書き出しできる
http://store.steampowered.com/app/571690/FaceRig_Studio__Personal/?l=japanese

3)高性能無人ヘリロボットによる航空レーザ計測システム 『SPIDER-LX8』
http://www.netis.mlit.go.jp/NetisRev/Search/NtDetail1.asp?REG_NO=KT-160135

4)VIVID WORKS=クラウドでの建築3DビジュアライゼーションをWebサイトに出せる
http://www.ctc-g.co.jp/news/press/20150818a.html

5)TAC7(タック7)スキャナー [x-rite]=現実の質感を読み取り、3DCG化するシステム
https://www.borndigital.co.jp/software/4727.html

6)カシオ「モフレル」 手触り3Dプリンタ=凹凸を印刷する
http://mofrel.casio.jp/ja/

7)KeyShotがリアルタイムレイトレーシング
http://www.keyshot.jp/features/tech-specs/

8)InstaVR
http://jp.instavr.co/

9)クレッセント社の様々なコンテンツ=4Kのカープレゼンのシステムが凄いです。
http://www.crescentinc.co.jp/cresblog/wp-content/uploads/2017/06/ivr_next_flyer_2017.pdf

IGN Japan様のレポートの以下の2つは興味深いです!
dreamAR=Googleが開発したTangoを使ったAR
VRounge=XboxのKinect2を使ったCGキャラによる接客サービスのシステム

その他、WARP様のレポートのリンクもぜひ御覧ください。
【速報】3D&バーチャルリアリティ展に出展しているVR関連企業20社まとめ!
VRをビジネスに使うためには。

なんと6/28(水)~30(金)でも「VR・AR ワールド – コンテンツ東京」があります。
なんとも忙しい・・・

Maya パーフェクトモデリング ウェビナー + Skechfab

今日は、ちょうど一週間前6/16(金)とその更に前の6/9(金)に公開された「Autodesk Maya パーフェクトモデリング ウェビナー」の紹介です。

実は今泉隼介氏はブロスで私も一緒にお仕事させていただいております!

漫画家 浅野いにお氏デザインの「タクシー」ですが、浅野さんは今週の月曜の
3ds Max 2018 & Pencil+4 ローンチイベント」へ登壇されていまして、私もそれに参加してきたのですが、マンガの背景だけでなくメカなど、3DCGを活用されているとのことです。

このタクシーは、mayaデータがダウンロードできるサービス付きです。(注:ver.2017)
ダウンロードすると、なんと31ものファイルが入っていて、最初のプリミティブの箱から完成まで、作業の手順ごとに保存されているのです。
  
これはモデリングを勉強している学生さんには最高の教材ですので、ぜひオススメです。

とはいえ、静止画で見ても良く解らないかと思いますので、「sketchfab」というサービスを使ってみましょう。これはWebブラウザで3Dモデルを直接表示して共有したり、広告として使ったりできるサービスです。


「SingUp」でアカウントを作ります。無料ですので、お気軽に!もちろんプロユースの契約もあります。
Maya Exporterのプラグインをダウンロードしてインストールします。なんとMayaからアップロードの操作できるのです。

シェルフにアイコンができます。使い方は以下を御覧ください。

プラグインを起動すると、以下のウインドウが出ます。このウインドウの「Settings」でMayaと連携できるIDを入力します。


「Upload to Sketchfab」ボタンで転送開始します。そんなに時間は掛かりません。


URLが表示されますのでクリックすると、以下のように直接ブラウザで3Dを表示し、グリグリ回せます。

Maya Perfect Modeling Webinar Taxi

今泉氏のモデリングを右下のボタンでフルスクリーンご堪能ください。
その左にギアのアイコンで背景変更やワイヤーフレームでのレンダリングなど設定ができます。

本日はここまでです。
Sketchfabについて、もっと詳しく知りたい方はこちらを御覧ください。