RedShift レンダリングで作った作品紹介

このブログではRedShiftを多く取り上げてますが、「本当に現場で使われてるの?」と思われる方もいるかと思いますので、今日は作品を紹介します。

まずは、オフィスのギャラリーです。静止画がメインに来ますが、「Video」ボタンで動画作品になります。
海外のHonda CR-VのCMでも使っているんですね!

とはいえ、代表作は何と言っても「OverWatch」ですね。

次は、ポリゴン・ピクチュアズのAmazonプライム・ビデオの「Lost in Oz」です。

カナダのGentleman Scholarという会社が制作した、ショートフィルム。


ぜひ、ご覧になってください。
これからもGPUレンダリングの利便性が見えてくれば、国内外での利用事例がもっと出てくるでしょうね。

ZBrush4R8 リリース!

定番スカルプトソフトZBrushの嬉しいバージョンアップです。

どう良くなったかの詳しい記事はこちらの「3D人」様を観ていただいた方が早いので、このブログではYoutubeのチュートリアル紹介します。

時間無い方は11分半でダイジェストで新機能だけの解説もあります。

一番気になったのはLiveBooeansですね!

先生として一番嬉しいのはやっとUIが日本語になることです!

ZB4 R8 What’s New」のMichael Pavlovich氏のYoutubeチャンネルです。
とても解りやすい動画で、1つが2分から長くて7分くらいなのもいい感じです。
(とはいえ、それが45本もありますが・・・)


自動翻訳の字幕でバッチリです。

ReadShift & maya カメラシェーダー

今日はReadShift & mayaでRedshiftカメラシェーダーです。

昨日よりSLiBを使っての実験です。個人的にはこれは今後RedShiftに同梱してほしいですね。


ちょっと明るすぎな感じです。実は前回のSLiBで説明していない箇所があるのです。

アイコンでお気づきかと思いますが、「露出」です。


数値を変えるとオーバーやアンダーの画像になります。でもこれだけでは細かい設定はできないのです。

そこでRedshift専用のカメラ設定とシェーダーを使います。
まず、専用のPerspを複製して作ります。

解りやすく名前を任意に変えてますが、普通にそのカメラのアトリビュートを見ると・・・

「オブジェクトディスプレイ」と「Mentalray」の間にRedshiftの項目があるのです。
まずは、モーションブラーのスイッチです。これはまたアニメーションの時にやりますのでONのままで結構です。次に「CameraType」です。

RedShiftのカメラで面白いのは「Fisheye」=魚眼があることです。


さらに「StereoSpherical」があります。


VR映像など様々に応用できそうですね。「Spherical」は上記の半分だけ、Clindricalは円柱レンダリングです。
では「Standerd」に戻して、LenzShaderのMapボタンを押します。さらにPhotographic Exposureを選びます。


以下のようにアトリビュートが変わります。

ISO(フィルム感度)、Shutter Time Ratio(シャッタースピード)、F-Stop(絞り値)、WhitePoint(ホワイトバランス)、ToneMapping(トーンカーブ)など、写真撮影と同じような微調整をここですべて行うことができます。

一番上のEnableのチェックでON/OFFで具合を確認できます。GPUベースの高速レンダリングなので、即チェックできるには非常に効率がいいです。

いかがでしょう?今日はここまでです。