VR・AR ワールド – レポート2

今回も前回に引き続きVR・ARワールドのレポートの2回目です。
ニュースも多く報道されてますね。

VR Watch 最新のVRハード・ソフトが渾然一体、身体感覚総動員! 開催中の「VR・ARワールド」の見所紹介

PHILE WEB 広視野角VR HMDや “触れるVR” など多彩な展示。AI応用8Kアップコンバートも

このイベントは「コンテンツ東京」という大きなもので、VR・ARワールドだけでなく、AI・人工知能EXPOもありました。

まず、これはGPUでの高速なグラフィック処理のデモです。

さくらインターネット様の「高火力」です。サーバで機械学習をさせるサービスです。

AIで車の詳細や人の年齢のパラメータなどをリアルタイムで取得するシステムです。

残念ながら行けなかったのですが、FF15のAIの仕組みの解説など、興味深いです!
プレイヤーがゲームを楽しむためのAI-スクウェア・エニックスの三宅陽一郎氏が「ゲームAI」について講演

 

「クリエイターEXPO東京」では漫画家、イラストレーターの作品が大量展示も!

 

さて、VR・ARワールドのレポートの続きです。

(株)ナック様の展示のARカメラです。

これからTV放送でもARが出る時代が来ますね。

これは弊社ブロスでも実際に制作で使っているモーションキャプチャシステム「Neuron」を使ったリアルタイムアニメーションソフトです。
VRではお約束ですが、美少女の中身がオジサン・・・

最近ニュースに多く登場の(株)ハシラス様のVRです。ぐるぐる回っているのに、ずっと直線で歩いている錯覚を起こす仕組みが凄い。代表の元マジシャンの安藤さん自ら説明されてます、

画像がないのですが、HADOのAR対戦ゲームは長蛇の列でした!

なんとワールドカップも開催だそうです!

以上でレポート終了です。来年は「VR・AR・MR ワールド」として、2018年4月4日(水)~6日(金)に開催が決まっているようです。

RedShift レンダリングで作った作品紹介

このブログではRedShiftを多く取り上げてますが、「本当に現場で使われてるの?」と思われる方もいるかと思いますので、今日は作品を紹介します。

まずは、オフィスのギャラリーです。静止画がメインに来ますが、「Video」ボタンで動画作品になります。
海外のHonda CR-VのCMでも使っているんですね!

とはいえ、代表作は何と言っても「OverWatch」ですね。

次は、ポリゴン・ピクチュアズのAmazonプライム・ビデオの「Lost in Oz」です。

カナダのGentleman Scholarという会社が制作した、ショートフィルム。


ぜひ、ご覧になってください。
これからもGPUレンダリングの利便性が見えてくれば、国内外での利用事例がもっと出てくるでしょうね。

ロシア映画“Attraction”のVFXメイキング

むずかしいチュートリアルばかりでは楽しくないので、VFXが素晴らしい作品紹介も、このブログでやってきます。

今週はロシア映画「Attraction」です。2017年1/26公開だそうです。
http://www.artofvfx.com/attraction-prityazhenie/


ロシア語で内容が全然判りませんが(笑)、VFXのデザインと迫力が素晴らしいと思ったのでお伝えしようかと(日本で上映しないでしょう・・・)

コンセプトアートとBreakdownはこちら。
ほぼフルCGです。街の破壊とエイリアンのアニメーションが素晴らしい!
制作は「Main Road Post Vfx Studio」という会社で、モスクワにあるそうです。