7月の無料コンテンツ ”SMART ArchViz Interior Pack 01”

UnrealEngine4のマーケットプレイスの7月の無料コンテンツの「SMART ArchViz Interior Pack 01」が素晴らしいので、解説していこうと思います。
https://www.unrealengine.com/marketplace/en-US/product/smart-archviz-interior-pack

プロジェクトは4GBほどあります。思ったより軽いイメージです。
どの辺が素晴らしいかというと、建築インテリアデザインのマテリアル、ライティングなどのUE4での事例が今まで余り多くなかったので、これはとても良いチュートリアルになります。

レベルは完成品の「Modern_Home」が上の図で、アセットのリストが「Assets_Show」で下の画像になります。

せっかくですので、プロジェクト設定でレイトレーシングの設定をONにします。

上の図で判ると思いますが、レイトレーシングですとカメラに入ってないものでもしっかり映り込みします。

屈折も上手くいっているようです。
マテリアルはそもそもレイトレーシングに対応した設定ではないので、ラフネスが中途半場だとチラつきは発生します。仕組みはシンプルで初心者でも応用がしやすいです。

Playすると、いくつかブループリントが仕込まれていて、インタラクションが楽しめます。

画面右上にレイアウト図のウィジットが表示され、自分のいる位置がリアルタイムで確認できます。

また、家具などは近づくと「E」キーで柄を変更できる仕掛けがしてあります。

これは家具ごとにボックストリガーがついたブループリントアクタになっています。

この部屋に変更できる家具は数種類ありますが、ブループリントは1つです。家具のメッシュデータとマテリアルの変更できる数を変えれば汎用的に使えます。

ライティングのテクニックも理解できます。

部屋の外の仕掛けはこんな感じです。LightMassPortalで窓の間接光を取り込んでいます。

とにかくアセットが豊富でとても参考になります。

いかがでしょう。ここからUE4のインテリアデザインをはじめられてはどうでしょうか。

3DEXPERIENCE CONFERENCE JAPAN 2020 ONLINE(7/14~8/7)に参加します。

ダッソー・システムズ様主催のオンライン・イベント「3DEXPERIENCE CONFERENCE JAPAN 2020 ONLINE」が7月14日(火)〜8月7日(金)で開催されます。
その「自動車・輸送機器・モビリティ」トラック内で「DELTAGENとゲームエンジン CATIA、SOLIDWORKSから変換するリアルタイムビジュアライゼーション」という内容でオンラン講演させていただきます。

UnrealEngine4のPixelStreamingによるCIVICカーコンフィグレータのデモも同時開催しております。ぜひお立ち寄りください。
https://events.3ds.com/ja/3dexperience-conference-japan-online

Revit BIMライブラリをUE4で活用①

6月にRevitUserGroup(RUG)でBIMデータが公開されています。
http://bim-design.com/rug/library/

こちらをUnrealEngine4へ変換して活用していこうと思います。3つのデータが公開されています。

「sample_structure.rvt」=柱など構造体のデータです。
「sample_architecture.rvt」=建物全体です。壁や窓、照明などが含まれます。
「sample_mep.rvt」=空調など設備のデータです。BIMのメリットです。

UE4への変換はDataSmithプラグインを用意します。「DataSmith」とは各種CADデータからUE4への変換することの総称とファイルフォーマットを意味します。
最新版のRevit2020とUE4.25が対応しています。
https://www.unrealengine.com/ja/datasmith/plugins

インストールすると、RevitのアドオンのメニューDataSmithのエクスポータが追加されます。

拡張子~.udatasmithというファイルができます。

UE4を起動します。ここでは4.25を使っています。過去にはDataSmithの利用登録の必要がありましたが、4.24以降はプラグインマネージャーからオンにするだけです。

ツールバーのDataSmithのアイコンからRevitからエクスポートしたファイルを読み込みます。
同じ名前のフォルダがありますが、ここにポリゴンやマテリアル、テクスチャーなどのアセットが入っているので、移動しないように注意してください。

このように変換できました。アウトライナではRevitで設定された通りの日本語のパーツ名と階層構造がそのまま変換できています。
Revitで設定したカメラも変換できています。

背面です。ちゃんとライトも変換ができています。

玄関前です。木はUE4で差し替える必要があります。

次回から、このデータを使ったビジュアライゼーションの活用をしていきたいと思います。