国交省の都市3Dデータ、PLATEAU [プラトー]をUE4(Unreal Engine 4)へ①

先日、3/26に国土交通省が日本の都市を3Dデータで公開するPLATEAU [プラトー]が正式スタートしました。
https://www.mlit.go.jp/plateau/

早速、「PLATEAU VIEW」を使ってWebブラウザで閲覧してみました。「CESIUM ion」が使われていますね。

「AddData」→「MyData」→「Add local file」から様々な地形データをインポートしてブラウズできるようです。

都市データのダウンロードはこちらからできます。3つのフォーマットがあります。
https://www.geospatial.jp/ckan/dataset/plateau-tokyo23ku

CityGML形式というのが、PLATEAUのメインフォーマットのようです。
詳しくは以下が分かりやすいです。
https://qiita.com/tosseto/items/34a2a801b8eb299453d1

これによると、LOD1がテクスチャなしの簡素なもの。LOD2がテクスチャ付き、さらにLOD3,4とディテイルがアップする、という仕組みの様です。
例えばFBXを見てみると、以下のリストが出てきます。「533925」などの数値の右に「詳細」とあることろをクリックしてダウンロードできます。

この番号が何かというと、地域を意味します。上の図の「東京23区構築範囲図」をクリックかダウンロードします。

さらに「~範囲拡大図~」をクリックします。

臨海地区は「333936」さらにピンクのエリアがテクスチャがあるLOD2の地域Noだと分かります。

CityGMLをダウンロードして展開すると、以下のファイルが現れます。bldg.zipが建物、dem.zipが地面です。

さらにbldg.zipを展開すると、CityGML形式の「~.gml」ファイルがあります。1ファイルにLOD1と2が入っているようです。
「appearance」にはTIFフォーマットのテクスチャーがあります。この時点で2.9GBあります。

この「~.gml」ファイルは、なぜか「PLATEAU VIEW」ではエラーになります。

閲覧するには以下のサイトから、FZKViewerをダウンロードします。無料で使えます。
https://www.kkaneko.jp/dblab/citygml/fzkviewer.html
このツールはかなり便利で別フォーマットへエクスポート可能です。

では、CityGML形式をUE4へ変換する為にDataSmithフォーマットにします。
手順は、以下の公式マニュアルを参照します。
https://www.mlit.go.jp/plateau/libraries/の「3D都市モデルの変換マニュアル」P21からです。

これによると各種変換には、「FME-Desktop」というツールを使います。
https://www.safe.com/free-fme-licenses/home-use/
ダウンロードして、1年間フリートライアルを申請します。ライセンスコードの返事がくるまで1日かかります。

これに以下の公式にGitHubで提供されている、FME-Desktopのプリセットファイル「citygml2datasmith.fmwt」を開くことで変換が開始できます。
https://github.com/Project-PLATEAU/Data-Conversion-Manual-for-3D-City-Model

このようにGUIでファイル変換のプロセスをプログラミングできるツールのようです。
変換にはかなり時間がかかりますので、注意してください。

これをUE4.26.1でインポートしたのですが、数時間かかった結果、GPUメモリ不足でクラッシュします。最初はRTX2060で実行、再度RTX3090でやりましたがダメでした・・・
ファイル数が約40アセットありますので、そもそも無理な数だと思われます。ZIPするだけで40分かかります。

仕方がないので、データを4つに別け、それぞれを再度FME-Desktopで再変換しました。

今度は変換できました。テクスチャが付いています。変換に3時間以上かかりました。
1/4でメッシュが105559、マテリアルが1172、テクスチャが1171で、かなり重いです。

分割した4つのファイルをそれぞれレベルに別けてすべてを配置できました。
隙間があるのは、ここはLOD1のテクスチャー無しのエリアです。
トータルかかった時間は約10時間でプロジェクトのフォルダは約50GBと膨大です。
このまま使うには重すぎので、アセットのマージなど最適化は必要と考えます。

かなり大変でしたが、今後公開される地域やLODも増えるようなので、UE4を含め様々なコンテンツの素材として活用できそうです。