土木設計CAD Civil 3DとUnrealEngine4の連携 その6

今回からInfraworksとCivil3Dと連携し、UE4へ変換の実験をしていきます。
Infraworksは国土地理院などGISデータから地形作成し、土木・建築・都市計画をするCADです。詳しくは以下をご覧ください。
https://www.autodesk.co.jp/products/infraworks/overview

以下はInfraworksのサンプルの地形+街です。

建物や道路を作成できます。 川もテクスチャアニメで流れています。

変換ですが、まず~.imxファイルにエクスポートします。

領域を決めます。

書き出しを開始します。

~.imxファイルができました。

Civil3Dを起動して、図面の設定をします。

「挿入」からインポートします。

Civil3Dへの変換が完了しました。

ここから3dsmaxのCivilViewを使い、UE4へ変換した結果が以下です。

UE4へ変換後が上記の図です。残念ながら、区画と地形だけしか変換できませんでした。さら地面から区画が浮いてしまっています。テクスチャーも建物も変換されません。
このワークフローでは、Infraworksから地形モデルデータの変換のみなら可能であることが判りました。
次回、別の手段を試してみようと思います。