土木設計CAD Civil 3DとUnrealEngine4の連携 その4

今回はCivil3Dの車のアニメーションの変換をUE4に行っていきます。

https://knowledge.autodesk.com/ja/support/3ds-max/getting-started/caas/CloudHelp/cloudhelp/2016/JPN/3DSMax-Tutorial/files/GUID-04559F00-458E-438E-9F71-D1343DA5D4CA-htm.html

このように自動で土木設計した際に作成した道路のパスカーブに沿って、車の往来を自動でアニメーションできるチュートリアルです。

上の図では車が追突してしまっていますが、これは自動で生成したアニメーションのミスで、パラメータで修正が可能です。

UrealDataSmithへ変換します。今回は「ActiveTimeSegment」に切り替えることで、アニメーションのエクスポートを行います。

UE4を起動し、Datasmithインポートの際に「Animation」をオンにします。

このように車をインポートできます。

車のボディのペイントです。Metarlicが何も無いので調整が必要かと思います。

ライト関連のテクスチャは自動で設定されます。透明度も自動変換されます。

CivilViewで設定した車の走行アニメーションはUE4のシーケンサーに自動変換されます。キーフレームはベイクされるので1フレームごとになります。

アニメーションパスも確認できます。シーケンサーで1フレームごとのキーフレームを修正は困難ですが、タイミングを変更することは可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA