UnrealEngine4-PiXYZプラグイン①

2月に入ったのでちょっとPythonを休憩して、PixyzのUE4プラグインについてお話します。


Pixyzは3DCADのポリゴン変換と修復・最適化・UV展開をするツールです。
早速使ってみたいと思います。が、なんとトライアル版は7日間?!という短さです。

こちらがプラグイン版Pixyzのデモ動画です。
PixyzはUnityとの提携も昨年話題になりました。Pixyzは基本PixyzStudioというスタンドアロンツールを使うのですが、新しいツールを覚えるのは面倒、という方にプラグイン版があります。

Pixyzのアカウントを作成して、ログインからツールをダウンロードから、インストールします。複数バージョンのUE4がインストールされている場合、勝手に探してEngine本体にインストールします。
例えば、UE4.20ならば、UE_4.20\Engine\Plugins\PiXYZPluginに入ります。プラグインを削除したい場合には、このフォルダを消してください。
ちなみにこのブログを書いている時点では4.21には未対応ですが、勝手にインストールされるので手動で消してください。


インストールが完了すると、プラグインマネージャーで確認できます。
https://www.solidworks.com/ja
コンテンツブラウザの「インポート」をクリックすると、インポート可能なファイル形式が増えているのが判ります。
AutoCAD、CATIACreo、DeltaGen、Parasolid、SkecthUp、Rhino、SolidEdige、Solidworksなど主要CADファイルはすべて対応しています。なぜかAutodeskのInventorがありません。

PixyzStuioではできるのですが何故でしょう・・・
こちらがPixyzsのインポートできるファイル形式リストです。

あとVREDとAliasも見当たりません。
もちろん、IGES、STEP、STLとか汎用CADファイルは対応しています。

さてインポートしようとすると、以下のダイアログが出ます。

PixyzのMy Account でトライアルライセンスの設定をして、登録したIDとパスワードを入れて「Connect」します。

承認されると、「Install」ボタンをクリックします。

そのPCにライセンスがインストールされます。
おそらく正規ライセンスでも同じ手順であると思われます。

ちなみにいつもこの連載で使っているUnrealStudioプラグインの場合、読み込める形式は以下になります。

プラス、VRED、DeltaGenの読み込みができます。

次回から変換をPixyzプラグインとUnrealStuioで比較して試してみましょう。