まずはRedShift & mayaでレンダリング!

今回はRedShiftでいくつか設定してレンダリングしてみましょう。

これはBrosで作成した「Techdemo」という実験作品に出てくるロボットTypeCです。
http://bros.studio/realtime.html
ちなみにこの作品はリアルタイムのCGです。ブロスではUE4を始めVRを含めたこういった制作を得意とします。ご興味、お問い合わせは、こちらからお待ちしてます!

Lambertシェーダの設定だけしてある基本のMayaシーンです。

「タイプ」 でRedShiftのシェーダーを選ぶことができます。
今回は基本の「Redshift Material」にします。

ではレンダリングしてみましょう。

ちょっとパッとしないですね・・・ではメニューからRedShiftのDomeライトを作成します。

レンダリングし直してみます。

良い感じでGI(Global Illumination)がかかったレンダリングになってます。
RenderSettingは何もしていません。

Redshift Materialはプリセットされた質感がいくつかあり、簡単に設定できます。
初めての方でもこれを見ると勉強になります。

6体コピーして12万ポリゴンにし、HD720でレンダリングしました。およそ24秒です。

前列右からJade(ヒスイ)、Glass(ガラス)、MilkyCoffee(コーヒーの粉?)、
後列右からCopper(銅)、Iron(鉄)、Gold(金)です。
各質感の細かいパラメータなどは、また次回に解説します。お楽しみに!