文系デザイナーのためのmaya MEL/Python基礎の基礎 Step2-13

今日はちょっと番外編です。
Mel→Pythonコンバーター「Serpens」が公開されましたので、すごく気になったので、使ってみたいと思います。

以下の「UnPySide The Blog」様です。MITライセンスでMaya2016~18まで動作確認できているようです。
https://unpyside.wixsite.com/unpyside

Gumroadから0円でダウンロードできますが、ぜひ寄付をお願いします。
解凍したフォルダをドキュメントのMayaのバージョンの下にコピーします。
(下の図では右から左にコピー)

Mayaを起動して、スクリプトエディタからPythonコマンドを3行入力します。
これは「readme.txt」にあるのでコピー&ペーストします。

全部選択してシェルフに登録して起動します。
以下のようなウインドウが開きますので、左のウインドウにMELを入れてEnterキーで変換します。

右側をスクリプトエディタに貼りました。これは過去にやったWindowコマンドのHELPにあるサンプルです。

実行すると、ちゃんとエラーもなく動きます。素晴らしいです!

プログラムを見ると、この連載でやっている「PyMel」だけでなく「cmds」も併用しています。実はUI関連などcmdsを使う方が楽な場合もあります。両方使うと混乱するので、この連載ではPyMelだけにしています。
ぜひ使ってみてください。

コメントを残す