文系デザイナーのためのmaya MEL/Python基礎の基礎⑦

今日はMacユーザーでMayaを使っている人向けにPythonの開発環境を作りましょう。

って、実はMacは凄いことにOSに初めからPythonが入ってます。なので、インストールはやらなくてもいいのです。

あまり使わないと思いますが、ユーティリティ→「ターミナル」を起動します。
そこで、

python –version

と入力してReturnします。すると、「Python 2.7.13」と返事が出ますね。

MacOSはUnix互換OSという仲間なので、プログラムが開発しやすい設定が初めからされているのですね。
ただ、前回説明したIDLE(アイディーエルイー:統合開発環境)が無いので、それを入れましょう。
https://www.python.org/downloads/


前回と違って、2.7.13ですね。実は2.7.?の最後の数値はMayaプログラミングでは、さほど重要ではないので気にしないでください。(Windowsではわざと合わせました)

Macですのでダウンロードすると、pkgですね。ダブルクリックで起動してください。

特に問題ないので「続ける」を押し続けてください。

インストール完了です。


アプリケーションに「Python2.7」フォルダができます。

その中に「IDLE」があります。ダブルクリックで起動です。

前回同様に

print(`Hello, Maya World’)

とキーでタイプして、Returnしましょう。ちゃんと実行できましたね。
これでMacでのPythonプログラムができるようになりました。

さて、 MacでもWindows同様に文字コードの設定変更しておきます。


では、次回からこれを使ってMayaでプログラムを書く練習をしましょう。

 

コメントを残す